切迫早産の原因と対策方法

切迫早産の原因と対策方法

 

ibz着圧下着 使用感 口コミ

妊娠すると、うれしいと思う気持ちと同時に赤ちゃんへの責任感を追うことになります。

 

お腹の子は、あなた次第で幸せにもなるし、あわよくば不幸にさえなるかも知れないという未来が待っています。

 

お産につきものの切迫早産は、妊婦さん全体の5%の人に発生しているという日本産婦人科学会の統計にも記されているほどです。

 

 

 

切迫早産とは、妊娠22週から妊娠36週6日までに生まれることを早産と言いますが、この状態が分かりそうだと判断できる状態が切迫早産といわれています。

 

 

では、この切迫早産にありうる原因となる理由はどこにあるのでしょうか?

 

 

切迫早産の原因

 

切迫早産には次のような原因があるといわれています。

 

 

  • 1、動き過ぎ
  • 2、体質
  • 3、子宮頸管が短い
  • 4、二人目に多い
  • 5、子宮頸管無力症
  • 6、子宮頸部の病気によって手術などを受けた人
  • 7、多胎を設けた人
  • 8、膣感染病にかかった経験がある人

 

 

上記に示した原因を順を追って解説していきます。

 

動き過ぎで起こる切迫早産

切迫早産で一番多いとされている原因に「動き過ぎ」があります。

 

「動き過ぎは流産のもとだから動き過ぎないようにしなければいけません」と、よくいわれる言葉はかなりメジャーになっていますが、動き過ぎると子宮頸管が短くなったり開いてしまう原因があるためで、それを防ぐには安静にして動かなければ切迫早産になりにくいと一般的にいわれています。

 

しかし、安静にしていても切迫早産になってしまう人もいるようです。

 

それが体質といわれています。

 

 

体質で起こる切迫早産

体質で起こる切迫早産とは、もともと子宮頚部の締まりの弱さがある人の場合に起こる症状かも知れません。

 

子宮頚部、つまり子宮頸管の締まりの弱さで引き起こされる可能性が高いといえます。

 

 

子宮頸管が短い事で起こる切迫早産

もともと子宮頸管の長さが短いため、退治の重さなどの圧力によって固く閉じられて開くことのない子宮頸管上部に位置する内子宮口が、突如柔らかくなり開く可能性があるといわれています。

 

この症状も体質で起こる切迫早産と似ているかもしれません。

 

 

二人目に多い事で起こる切迫早産

一人目を生むとどうしても子宮頚部にゆるみが出てきてしまうことが多いとされています。

 

もともと体に抵抗力や治癒力が少ない人の場合は、特に一人目を生む事によってこのような症状が出てきてしまう可能性が高いといわれています。

 

 

子宮頸管無力症で起こる切迫早産

切迫早産から早産や流産を繰り返しているという人の場合、結果的に子宮頸管無力症だったという人も妊娠全体の1%未満の確率でいるといわれています。

 

本来のお産時であれば退治の成長とともに子宮頚管は短くなり、臨月ともなればほとんどの人の場合子宮頚管は短くなった状態です。

 

ですが、子宮頸管無力症という臨月になってもいないうちからエコーなどの診断によって妊娠中期からすでに子宮頚管が短くなっている人がいるといわれています。

 

が、このような症状は定期的な診断をする段階で早期発見ができ、子宮頚部円錐切除術などによって対応できるといわれています。

 

多胎を設けた人が起こる切迫早産

多胎つまり多くの子供を出産した経験ある人の場合も切迫早産にかかりやすいといわれています。

 

ですが、このような人の場合はもともと子宮頸管や子宮全体の強さなどがあるために多くの子供を出産したという経験があるため、切迫早産になる可能性は低いとされているようです。

 

 

膣内感染病にかかった経験がある人が起こる切迫早産

膣内に細菌などによって感染病を誘発された経験を持っていた場合子宮頸部の弱りから本来の働きが出来なくなり、流産や早産の可能性が高くなるといわれています。

 

 

 

切迫早産の対策方法

このように、切迫早産から早産になる原因はさまざまありますが、このような原因を克服するには子宮などを保護する役目をしている骨盤底筋を強化することによって、高い確率で早産という原因を回避できる可能性が高まるとお産を経験した人たちの間でいわれている現状もあります。

 

そんな場合の対処方法にとても有効作用する、しかも面倒くささもなく手間いらずというibz着圧下着があります。

 

 

ibz着圧下着が切迫早産対策に良い訳

ibz着圧下着はいつも履いているショーツそのもので、適度な圧がかかるため骨盤矯正作用と子宮などを支える骨盤底筋を強化する可能性が期待でき、しかもこの骨盤底筋強化によってお産後に発症する可能性が高い尿もれや、夜の行為などによる膣圧低下にも期待できるといわれているショーツです。

 

さらに、ibz着圧下着はただ毎日履いているだけで出来てしまうので、今ひそかにお産後の尿漏れに悩んでいる人たちの間で人気となっているそうです。

 

 

切迫早産の症状が出ないに越したことはないですが、いつなるとも限りません。

 

そんな切迫早産を回避するためにも、今から骨盤定期強化をすることによってさまざまな面で有効作用する事につながる可能性が高くなります。

 

 

ibz着圧下着が気になった方は、いちど確かめてみ他方が将来迎えるかもしれないお産の手助けになるかもしれませんね。

 

 

ibz着圧下着を確かめてみる→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(参考文献)
(日本産科婦人学会:http://www.jsog.or.jp/
(MSDマニュアルプロフェッショナル版:https://www.msdmanuals.com/

 

トップへ戻る