尿もれの原因と対策

尿もれの原因と対策

膣圧が上がると今ひそかに話題になっているibz着圧下着ですが、そんなibz着圧下着を履いて得た効果には尿もれに悩む人にも有効作用するといわれています。

 

 

このページでは、尿もれの原因とibz着圧下着を履いた尿もれ対策や効果について詳しく解説します。

 

 

 

尿漏れの原因とは?

女性の場合の尿もれと男性の場合の尿もれも、原因はほとんど一緒だといわれています。

 

尿もれの原因になっているもとは、骨盤底筋の緩み症状によって尿もれが誘発される原因になっているようです。

 

 

骨盤底筋の緩み

骨盤底筋とは、違うペーにも説明していますが、読んで字のごとく骨盤の底にある筋肉です。

 

骨盤底筋の緩み

 

底にある筋肉ということは、その上にある内臓(膀胱・子宮・大腸)などの臓器を支えている筋肉ともいわれています。

 

もしこの筋肉がなければ、小も大も垂れ流しということになってしまいます(-_-;)

 

 

括約筋の働き

骨盤底筋の膜のような筋肉の間を直腸や尿管さらに膣などが縦断していて、その縦断の交わった部分には、例えば尿管の場合は尿道括約筋といわれる筋肉があります。

 

括約筋の働き

 

肛門には、肛門括約筋があり絞める緩むの動作によって排便をコントロールしています。

 

さらに女性であれば、膣括約筋が存在し膣内の絞め具合をコントロールしているのです。

 

 

なので、これらの括約筋は女性や男性問わず存在している筋肉といえます。

 

 

尿漏れの最大の原因とは?

尿道括約筋の締め付ける力によって、膀胱に溜まっているオシッコが出ないで我慢できているのです。

 

尿漏れの症状を起こしている最大の原因は、骨盤底筋に沿って付いている尿管の途中にある尿道括約筋の閉まり具合が悪いためオシッコが漏れる原因となっているのです。

 

 

つまり、尿道括約筋は骨盤底筋に沿っている筋肉のため、オシッコが漏れる原因を作っている尿道括約筋のゆるみを治すには、骨盤底筋そのものの強化によって尿道括約筋も鍛えられ、尿もれが改善されるのです。

 

 

ibz着圧下着の骨盤底筋強化の作用

ibz着圧下着には、この骨盤底筋を鍛える作用があるショーツなんです。

 

しかもただ毎日履いているという手軽さで尿もれが改善されるのですから、膣トレ器具などと違い面倒くさくなく履いているだけなのでいつの間にか改善されているとふと気づくという手軽さです。

 

なので、簡単に尿もれや膣圧が改善される可能性があるというibz着圧下着が、人気になるのも分かる気がしますよね。

 

 

ibz着圧下着が気になった方は一度確かめてみてはいかがでしょうか。

 

 

ibz着圧下着を確かめてみる→

 

 

 

 

参考文献
日本医療機能評価機構:https://minds.jcqhc.or.jp

 

 

 

トップへ戻る