尿漏れがある場合は膣の緩みが危険信号?

尿漏れがある場合は膣の緩みが危険信号?

 

尿もれがある場合は膣の緩みに危険信号がともっている証拠です!

 

お産経験のある方で尿漏れを起こしている方がかなり多いことが分かっています。

 

 

子どもができた場合骨盤底筋に無理がかかってしまいます。

 

それと同時に膣への負担も大きくなるわけですから、尿もれと膣の緩みが出てきても自然の成り行きから見れば当然かもしれません。

 

 

しかし、人間の体は元に戻るという本能と再生能力があります。

 

なので、普通であればそのまま放っておいても骨盤底筋の弾力に再生機能があるため元にもどり尿漏れや膣圧に支障は出てきませんが、骨盤底筋の弾力が元に戻りにくい人も中にいます。

 

 

お産の経験から骨盤底筋が元に戻らない人がそのまま放っていても緩んだままで収縮することはほとんどありません。

 

なので、このような症状が出てきた人の場合は、何らかの方法によって骨盤底筋を強化しなければなりません。

 

 

 

骨盤底筋を強化する方法はいろいろありますが、どれも大変な作業となる場合が多いです。

 

骨盤底筋を強化するのに最も効率よく元の状態に戻す方法は「ibz着圧下着」というショーツを使用するという方法です。

 

 

ibz着圧下着はただ毎日履いているだけで、尿もれや膣の緩みなどに悩みを抱えている人たちの間でとても人気となっているショーツです。

 

「ショーツを履くだけで尿漏れが治るの?」と思う人も多いかと思いますが、このibz着圧下着は特殊加工が施されているため、毎日履いているだけでいままで尿もれに悩まされていた症状が徐々に改善されていくというショーツです。

 

 

その施されている特殊加工とは「特殊アーチ型構造機能」という方法で作られていて、左右と前後上下方向に適度なサポートが張り巡らされているため、骨盤矯正と骨盤底筋強化の2つを同時に強化する方法になっているつくりになっているショーツです。

 

なので、ただ毎日履いていさえすれば、日常の生活の動きによって骨盤と骨盤底筋が正常な方向へとなっていくんです。

 

 

もしこの記事を読んでいるあなたが尿漏れの症状に悩まされているのでしたら、だまされたと思って一度使ってみることをおすすめします。

 

現に、わたしもこのibz着圧下着を履くようになってからは、お産後のゆるみから尿もれが頻繁に起こっていましたが、すぐに直るわけではありませんが徐々に症状が改善されてきています。

 

その証拠をつづった記事がありますので読んでみると、ibz着圧下着を履いた時の様子が分かるかもしれません。

 

 

ibz着圧下着の使用感と結果報告!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る