加齢による筋肉の衰えが骨盤底筋のゆるみを招く恐れが!

加齢による筋肉の衰えが骨盤底筋のゆるみを招く!

 

 

 

加齢,筋肉の衰え,骨盤底筋のゆるみ

加齢による筋肉の衰えが骨盤底筋のゆるみを招く、と題してみました。

 

 

このページでは、加齢による筋肉の仕組みについて語っています。

 

 

年を重ねると、筋肉に変化が生じてきて筋肉の衰えが生じてきます。

 

その結果、骨盤底筋の筋肉にも変化が起こってきます。

 

 

その変化とは、ゆるみです。

 

 

 

加齢による骨盤底筋の衰え方

歳をとってくると、身体の筋肉状態に変化が生じてきます。

 

つまり、年を取ると動きが緩やかになり、通常であれば使われている筋肉が使われなくなりだんだんと細ってくる症状が出てきます。

 

要は、筋肉は使わなければ少なくなり小さくなるということです。

 

 

 

仮に、もし歩けなくなると脚の筋肉が細くなり。、そのまま放っておくとなくなってしまいます。

 

腕を使わなければ腕の筋肉が細くなり。、そのまま放っておくとなくなってしまうということになります。

 

骨盤底筋も同じで、使わなければ弱くなるし最悪なくなることだって起こりうるということです。

 

 

 

骨盤底筋が緩む原因とは?

骨盤底筋は日常のありきたりの生活環境の動きの中で使われる筋肉ですので、普通であればそう簡単に弱くなるということはないです。

 

しかし、近年の人に見られる現象からは、骨盤底筋が弱まっている人の割合が多くなっているというデーターも出ています。

 

 

その理由には、日本古来からの生活状態の変化によって生じてきていることが往々にしてあるようです。

 

日本人特有の動き、つまり「座る・立つ」という動作が少なくなったことが骨盤底筋の弱る大きな原因となっているようです。

 

 

理由はいたって簡単です。日々の生活が欧米化したことが大きな要因となっているようです。

 

が欧米化した生活の中では、家の中の動作に「正座しない・椅子に腰かける」が主流となっている現状があります。

 

 

日本人と欧米人の骨盤底筋の違いは?

でもここで疑問が生じてきます。

 

家の中で正座しない・椅子に腰かけるという風習の欧米人の骨盤底筋は弱いのでは?

 

ということが疑問になってきますが、欧米人の体はもともと昔からの正座しない・椅子に腰かけるという生活習慣などから身体の骨格が決まってつくられるようになっています。

 

 

日本人は昔からの生活習慣があってその中でつくられてきた体があるように、欧米人の体もそのように変化してつくられているという理由があるのです。

 

なので、欧米人には欧米人の決まった身体があり、日本人には日本人の決まった身体があるため、欧米人が座ったり立ったりしないから骨盤底筋が弱いとはならないのです。

 

つまり、本来日本人にある動きがなくなった理由によって近年の若者や年層の方にも骨盤底筋が弱くなるという症状が出ているのです。

 

 

話がそれてしまいましたが、骨盤底筋が緩むと、次のような症状が出てくるといわれています。

 

 

 

骨盤底筋が緩むことによって起こる症状

骨盤底筋が緩んでくると大変な現象が起こってくるようになるんです。

 

大変な現象とは、

 

  • 尿失禁(尿もれ)
  • 便失禁
  • 膣圧低下

 

これらの症状が出てくる可能性があります。

 

 

骨盤底筋のゆるみからくる尿失禁とは?

骨盤底筋が緩むと尿失禁につながる恐れが出てきます。

 

尿失禁とは、読んで字のごとくオシッコが我慢できずに出てしまうことです。

 

尿が出る仕組みは尿道の仕組みにあります。

 

 

 

尿道は、出口に外尿道括約筋、尿道の始まり部分、つまり膀胱の出口部分には内尿道括約筋があります。

 

 

 

この尿失禁の症状は、男性よりも女性の人に多いことが通説で分かっています。

 

その理由は、男性の尿道が長いというのに対して、女性の尿道が短いという理由があるためと通常言われています。

 

 

女性と男性が違う大きなポイント

ですが、男性は女性と違い動く筋肉体質的要素が強い体型でつくられているため、もともと骨盤底筋の働きは強いことがいえると思います。

 

なので、身体の作りがもともと女性とは違うという理由で尿の廃絶作用にも違いがあり、なおかつ尿道が長短いという理由も重なった結果から、女性に尿もれ現象が多く起こりうる可能性が高いということになっています。

 

 

 

しかもこれらの要因から分かることは、年をとるという症状によって尿もれが女性の場合はさらに悪化してくる可能性があるということになりそうです。

 

しかし、年を取ったからといって骨盤底筋の筋肉が復活すれば尿もれなどの症状も克服できます。

 

その一番のトレーニングが骨盤底筋強化できるかもしれないとされている「ibz着圧下着」です。

 

 

骨盤底筋のゆるみからくる年相応の尿もれトレーニング方法

年を取るとトレーニングするにも大変です。

 

日々自然と弱ってきている身体にムチ打って強化するなど言語道断です。

 

年相応の動きに合わせた内容のトレーニングを心がけるようにしておこなわないと骨盤底筋強化どころの騒ぎではなくなりケガのもとにさえなってしまいます。

 

 

そんな時に重宝するのがibz着圧下着です。

 

ibz着圧下着は、身体を動かしてトレーニングすというものではなく、毎日ただ履いているというショーツです。

 

 

ただ毎日履いているだけで、日々の日常生活の中の動きだけで骨盤底筋強化のトレーニングができるという優れたショーツなんです。

 

なので、加齢で思うような日々を過ごせていない方にとっては尿もれ症状を改善するまたとないチャンスかとと思われます。

 

 

気になった方は、一度ibz着圧下着がどんなものなのか確かめてみると良いかもしれませんね。

 

 

ibz着圧下着の詳細はこちらから→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る