骨盤底筋てなに?

骨盤底筋てなに?

 

ibz着圧下着で骨盤底筋が矯正される理由を解説します。

 

 

そもそも骨盤底筋とは何でしょうか?

 

骨盤底筋がある場所は両足の真ん中、つまり股の表皮に近い部分にあります。

 

 

この部分は、女性であればお尻の穴・膣口・尿口がある場所です。男性ではお尻の穴・尿口が横断している場所です。

 

骨盤底筋の縮小によってお尻の穴の収縮・膣口・尿口などの閉まり具合を調整して生理現象を適切に維持している働きをしているのが骨盤底筋です。

 

 

もし骨盤底筋がなければ、おしっこや便は垂れ流し状態になります。その症状を防いでくれているのが骨盤底筋です。なので骨盤底筋の運動はとても大事になってくるんですね。

 

現に、女性の場合骨盤底筋が弱ったことによって生じるトラブルには深刻な問題があります。それは尿もれです。

 

 

女性は男性と違い尿道が短いため尿を我慢できる作用ができず、ちょっとのことで漏れを起こします。もし女性に骨盤底筋という筋肉の膜がなければ本当に垂れ流し上位になってもおかしくない状態になってしまいます。

 

このような状態になる骨盤底筋ですが、そのままにしていれば弱まってしまいます。

 

 

 

女性の場合は特に深刻な状態になり、体にすしの力が加わっただけで尿もれを起こす状態になってきます。

 

ましてや女性の場合は出産という膣口を酷使する行為が行われるため余計に膣口のゆるみが深刻化してきてきます。

 

お産の影響から膣口やさらに尿口もまでものゆるみに影響してくるため、骨盤底筋を鍛えることは必要事項になる問題といえます。

 

この問題は、個人個人で差があり筋肉質的体質の人であればさほど問題はないようですが、もともと筋肉が付きにくい人の場合は要注意です。

 

このような人の場合は骨盤底筋を鍛えることは必須ということになりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る