ibz着圧下着は超簡単で膣トレや尿もれが解消されると人気のショーツ!

ibz着圧下着は超簡単で膣トレや尿もれが解消されると人気のショーツ!

膣圧が上がると今ひそかに話題になっているショーツがibz着圧下着です。

 

そんなibz着圧下着を履くだけで、簡単に膣トレができるといわれています。

 

ibz着圧下着,骨盤底筋,尿もれ,膣圧

 

しかも膣トレだけではなく、尿漏れにも効果があるといわれているため、お産後に多いといわれている尿もれやお年を召された加齢などからくるといわれている尿もれにも対応できるそうです。

 

 

通常膣トレや尿漏れ克服は簡単じゃない

ハッキリいいますが、膣トレや尿もれを克服することは、とても大変です。

 

 

通常尿もれを克服するには膣トレが良いとちまたでいわれています。

 

というか、膣部分を動かさないと骨盤底筋は鍛えられないからだと思います。

 

なぜなら、骨盤底筋を動かして鍛えるためには膣の締まる動作によって鍛えるのが一番効率良いからです。

 

それが証拠に、巷で売られている膣トレ用や尿もれ用にもちいる道具は膣に挿入する器具ばかりが多く目立ちます。

 

 

膣は骨盤底筋のど真ん中に位置しているわけですから、両脇にある尿道口と肛門部分の締まり具合を一気に鍛えることができるのです。

 

 

尿もれを直そうと思って尿道口を閉めようと思ってもなかなか思うようにならないと思います。つまり尿道を絞める動作をする尿道括約筋といわれる占める筋肉の働きがあまり強くないからです。

 

 

絞める力を持った括約筋の実態!

本来であれば、骨盤底筋の中に位置する括約筋が強くなければならないのですが、現代の日常生活の中の動作では、この括約筋は鍛えれるどころか衰えていくばかりです。

 

というのも、骨盤底筋自体の動作がないがため、強くなろうとする理由が見つからないのです。

 

なので、近年の女性に尿もれや膣圧の良くない方が多いのももぅとな理由になるようです。

 

 

括約筋を強くするには骨盤底筋を強化しなければなりませんが、本来骨盤底筋が鍛えられる動作は、立ったり座ったりを繰り返すことによって内股に力が入る動作で股の内部に位置する骨盤底筋が動き鍛えられるわけです。

 

ですが、近年欧米化した日常生活の中においてみても、床に座った状態から立つのと椅子から立つのとではもはや歴然の違いがあることも分かると思います。

 

唯一身体を動かすという移動手段においても、どこへ行くにも車での移動です。

 

乗り降りするというバスさえもほとんど乗ることがなくなった現状です。ましてや歩くことなどの移動はあるにせよ、街中をちょっと歩くなど距離が非常に短いという理由もあります。

 

 

近年の日常生活がもたらしたこの上ない弊害の状況は、小や孫の代へと受け継がれていくので、これからはますます骨盤底筋の弱体化がひどくなっていくと思われますね。

 

 

括約筋有する骨盤底筋の鍛え方

骨盤底筋が鍛えられれば自ずと締まり具合を調整している括約筋の強さが高まると締まり具合も良くなってきます。

 

 

骨盤底筋の鍛え方は、先に紹介した膣トレ用の器具を使う方法、そしてもっとも多く活用されているのは骨盤底筋トレーニングといわれる骨盤底筋体操です。

 

 

器具の使用

器具を用いる方法で注意をしなければいけないのが感染病です。

 

膣内へ挿入する方法なので、とくに衛生面に気を付けなければなりません。

 

使用する前の器具への殺菌作用は忘れずに、使い終わった後もきれいに洗ってしまうように心がけなければなりません。

 

 

骨盤底筋体操

骨盤底筋を強化する体操にはさまざまな方法があります。

 

骨盤底筋体操をもっとも推薦しているチャームナップ・ユニの公式サイトでは、骨盤底筋体操の動画を紹介しています。

 

骨盤底筋体操がどんなものか、この動画を見ると一番わかりやすいともいますので、下記に紹介しておきます。↓

 

 

 

いかがでしたか、骨盤底筋トレーニング体操は?

 

 

実際やってみると、なかなか大変な体操なんだと思われたかもしれません。

 

ですが、この体操をやることで、弱ってきている骨盤底筋を強化できるし、それに伴って尿もれが改善されたり、膣トレ強化ができて膣の締まり具合が良くなって夫婦仲や恋人の仲が円満になる可能性が高まってきます。

 

 

ですが、ハッキリいって骨盤底筋体操は楽なものではありませんよね。

 

それにこの体操は毎日やらなければ、なかなか効果が表れてくるものではないのです。

 

かといって、毎日の生活の中にこの骨盤底筋体操を取り入れていくのは大変な作業になってきます。

 

 

「こんなの毎日続けられるわけないでしょ!」ってなるのも、その気持ち良く分かります。ですが、続けなければ骨盤底筋が良くならないのです。

 

だからって骨盤底筋体操をあきらめる必要はないのです。

 

なぜなら、体操を毎日続けなくても骨盤底筋が鍛えられる方法があるからです。

 

 

毎日履いているだけで鍛えられるibz着圧下着とは?

毎日体操をやらなくても良いというその楽な方法とは、ibz着圧下着を履くという方法です。

 

冒頭でも紹介しているibz着圧下着というショーツを履いているだけで骨盤底筋が鍛えられるんですね。

 

 

ibz着圧下着には骨盤を矯正する構造が独自のアプローチ方法によって取り入れられているショーツです。

 

その名も「特殊アーチ型構造機能」といい、ショーツの中にアーチ型のサポーターが組み込まれた方法となっていて、骨盤自体をキュッと引き締める作用があります。

 

毎日履いているだけで鍛えられるibz着圧下着

 

さらに、股下から前後上下方向にサポーターがあしらわれている部分の作用には骨盤底筋自体を鍛える作用があり、毎日履いているだけで骨盤底筋体操をしなくても鍛えられる方式になっているんです。

 

 

ここでibz着圧下着を四の五のいっていても仕方ないので、ibz着圧下着をもっと詳しく知りたい方は下記から確かめてみてくださいね。↓

 

 

ibz着圧下着の詳細はこちらから→

 

 

 

 

 

トップへ戻る