ibz着圧下着は女性用!でも男性が使用すると?

ibz着圧下着は女性用!でも男性が使用すると?

 

ibz着圧下着は本来女性用として作られたショーツです。

 

でもibz着圧下着を男性が使用するとどうなるのでしょうか?

 

ibz着圧下着,男性,使用

 

ibz着圧下着は、膣圧や尿もれに高い作用を示す女性用として作られたショーツです。

 

ところが、このibz着圧下着を男性が履いても効果があるのかという疑問もあったりします。

 

 

確かに、女性の膣圧や尿もれに対して作用するわけですから、もちろん男性の尿もれにも効果があるのでは?と思うことは必然的に考えられます。

 

 

 

男性と女性の尿もれの原因は一緒?

解剖学的に見ると、女性の場合の尿漏れと、男性の場合の尿もれの違いには尿管の長さが影響しているとよくいわれえています。

 

しかし、長さは多少関係しているという要素があるかもしれませんが、本来の女性と男性の違いには、骨盤底筋と尿管が交差している場所の尿道括約筋の存在が大きく作用していると思われます。

 

 

その理由は、膀胱に溜まったオシッコを止めておく、または出す行為を尿道括約筋の収縮または弛緩によってコントロールしているという働きがあるからです。

 

 

 

尿道括約筋の機能とは?

尿道括約筋の機能が弱くなってくると、尿道の長さなど関係なく男性と言えども女性同様オシッコを我慢するなどの動作ができなくなってしまいます。

 

それが証拠に、尿失禁を引き起こす原因には、高齢者ややせ形体質の人が多いことからも、骨盤底筋に沿って隣接している尿道括約筋の弱りからくる緩みにほかなりません。

 

なので、女性の場合は尿道が直線的でしかも短いため、尿もれが起こる頻度も男性と比べて多いのも仕方のないことかもしれません。

 

 

しかし、そんな悩みに対応する尿漏れ解消法には、骨盤底筋を強化する方法があります。

 

骨盤底筋を鍛えることによって、隣接している尿道括約筋も鍛えられるため、膀胱に少々のオシッコが溜まっても我慢できるようになってきます。

 

 

では、骨盤底筋を鍛える方法にはどのような方法があるのでしょうか?

 

 

 

骨盤底筋を効率よく効果的に鍛える方法

骨盤底筋を効果的に鍛えるには、男性でも女性に取り入れられている膣トレ体操が友好的に作用するといわれています。

 

骨盤底筋トレーニング

 

骨盤底筋の位置は、男性でも女性でも大差ないので女性が行っている膣トレ方法で鍛えられると思いますが、トレーニングとなればなかなか思うようにいかないという理由もあったりします。

 

そんな面倒くさいトレーニングですが、いとも簡単にできてしまうというものがあります。

 

 

そのトレーニング方法は、ただ毎日下着を履いているというだけの方法です。

 

 

ibz着圧下着の効果とは?

履く下着には、ibz着圧下着という下着を履きます。

 

特殊アーチ型構造機能

 

ibz着圧下着には、骨盤底筋を強化する特殊アーチ型構造機能といわれる方法が取り入れられていて、骨盤矯正と骨盤底筋を同時に強化できるという優れた下着となっています。

 

男性の場合でも、同じ場所に位置する骨盤底筋にアプローチする特殊アーチ型構造機能によって、毎日履いているだけで自然と矯正強化作用が得られるといわれているibz着圧下着です。

 

 

そく効果を求めたいのであれば、ibz着圧下着を毎日履きながらそれに並行して膣トレトレーニングをすれば、いっそう短期間で希望にに伴った結果が得られる確率が高くなる可能性が出てくると思われます。

 

しかも、ibz着圧下着のデザインは男性に人気があるカルバンクラインのボクサーパンツスタイルデザインなので、男性が履いても全然不思議ではありませんよね。

 

 

 

もし男性の方で尿もれに悩まされているのでしたら、いちどibz着圧下着を試してみるのもありかもしれませんね。

 

 

ibz着圧下着の詳細はこちらから→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る