縦型洗濯機のデメリットとは?メリットより知る価値ある部分とは?

縦型洗濯機のデメリットメリット・デメリット

洗濯機には、「ドラム型洗濯機、縦型洗濯機」の2種類があります。

このページでは、縦型洗濯機の説明をしますが、その中でも「縦型洗濯機のデメリット」に重点を置いた解説をしていきます。

さらに、縦型洗濯機の特徴やメリット部分なども併せて検証していきたいと思います。

ドラム型洗濯機よりも縦型洗濯機を購入しようと思っているけど、縦型洗濯機をもっと知ったうえで購入したいと思っている方は、この記事を参考にしてくださいね。

では参ります。最初は縦型洗濯機のデメリットから。

タイトル付き枠

ここに文字を入力する。

縦型洗濯機のデメリット

タイトル

テキスト・節水性に劣る
・衣類が傷みやすい
・大きな洗濯物が入れにくい
・取り出しが面倒

順を追って、細部を解説していきます。

節水性に劣る

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて節水性に劣ります。

その理由は、縦型洗濯機が洗濯槽を回転させて洗濯物を洗う「もみ洗い」方式を採用しているためです。

もみ洗い方式では、洗濯槽に多くの水を必要とするため、ドラム式洗濯機に比べて多くの水を使用します。

また、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて洗濯槽の容量が小さいため、一度に洗濯できる洗濯物の量が少ないことも、節水性に劣る理由の一つです。

一方、ドラム式洗濯機は、洗濯槽を上下左右に回転させて洗濯物を洗う「たたき洗い」方式を採用しています。たたき洗い方式では、洗濯槽に多くの水を必要としないため、縦型洗濯機に比べて多くの水を使用しません。また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて洗濯槽の容量が大きいため、一度に洗濯できる洗濯物の量が多いことも、節水性に優れる理由の一つです。

近年では、縦型洗濯機でも節水性に優れたモデルが発売されています。しかし、ドラム式洗濯機に比べると、縦型洗濯機の節水性は劣ります。

もし節水性を重視する場合は、ドラム式洗濯機を検討することをおすすめしますが、その前にドラム式洗濯機のデメリットを調べてからでも遅くはないと思いますよ。↓

衣類が傷みやすい

縦型洗濯機では、ドラム式洗濯機に比べて衣類が傷みやすい理由は、洗濯方法が異なるためです。

縦型洗濯機は、洗濯槽を回転させて洗濯物を洗う「もみ洗い」方式を採用しています。

もみ洗い方式では、洗濯槽の中で洗濯物がぶつかり合ったり、洗濯槽の壁にぶつかったりするため、衣類が傷みやすくなります。

また、縦型洗濯機では、ドラム式洗濯機に比べて洗濯槽の容量が小さいため、洗濯物が洗濯槽の中で密集して洗われることも、衣類が傷みやすくなる原因の一つです。

一方、ドラム式洗濯機は、洗濯槽を上下左右に回転させて洗濯物を洗う「たたき洗い」方式を採用しています。

たたき洗い方式では、洗濯槽の中で洗濯物がぶつかり合ったり、洗濯槽の壁にぶつかったりすることはありません。

また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて洗濯槽の容量が大きいため、洗濯物が洗濯槽の中で密集して洗われることもありません。

しかし、近年では縦型洗濯機でも衣類を傷めにくくするための機能が搭載されたモデルが発売されています。

ただし、ドラム式洗濯機に比べると、縦型洗濯機で衣類を傷めにくくすることはできないので、もし衣類を傷めないようにしたい場合は、ドラム式洗濯機を検討することをおすすめします。

ドラム式洗濯機を選択する理由がある人の場合は、オシャレ着が多く衣類の汚れがあまりない人がおすすめとなりそうです。

大きな洗濯物が入れにくい

縦型洗濯機では、ドラム式洗濯機に比べて大きな洗濯物が入れにくい理由は、洗濯槽の形状が異なるためです。

縦型洗濯機の洗濯槽は、ドラム式洗濯機に比べて縦長で、洗濯槽の開口部も狭くなっています。そのため、大きな洗濯物を入れようとすると、洗濯槽の開口部に引っかかってしまうことがあります。

また、縦型洗濯機の洗濯槽は、ドラム式洗濯機に比べて洗濯槽の底が浅いため、大きな洗濯物を入れると、洗濯槽の中で洗濯物が動かなくなることがあります。

一方、ドラム式洗濯機の洗濯槽は、縦型洗濯機に比べて横長で、洗濯槽の開口部も広くなっています。そのため、大きな洗濯物を入れようとしたとしても、洗濯槽の開口部に引っかかってしまうことはありません。

また、ドラム式洗濯機の洗濯槽は、縦型洗濯機に比べて洗濯槽の底が深いため、大きな洗濯物を入れても、洗濯槽の中で洗濯物が動かなくなることはありません。

ただ、近年では縦型洗濯機でも大きな洗濯物が入れやすいように設計されたモデルが発売されています。

しかし、ドラム式洗濯機に比べると、縦型洗濯機で大きな洗濯物を入れるのは難しいです。洗濯機を選ぶ際には、大きな洗濯物を入れたい場合は、ドラム式洗濯機を検討するほうが良いかもしれませんね。

取り出しが面倒

縦型洗濯機では、ドラム式洗濯機に比べて取り出しが面倒な理由は、洗濯槽の形状が異なるためです。

縦型洗濯機の洗濯槽は、ドラム式洗濯機に比べて縦長で、洗濯槽の開口部も狭くなっています。そのため、縦型洗濯機では、洗濯槽のそこに向かって前かがみに洗濯物を取り出す必要があります。

一方、ドラム式洗濯機の洗濯槽は、縦型洗濯機に比べて横長で、洗濯槽の開口部も広くなっているため、洗濯槽を前かがみになることなく洗濯物を取り出すことができます。ただし、膝をつかなければ前かがみになるので、楽な姿勢を保ちたいのなら膝をつくほうが取り出しやすいと思われますね。

しかし、近年では縦型洗濯機でも取り出しがしやすいように設計されたモデルが発売されていますので、購入の際はシッカリと確かめたほうがよさそうです。

以上が、縦型洗濯機でのデメリット部分でした。

デメリットをドラム式洗濯機と比べて掲載しましたが、比較した記事だったので、より分かりやすいのではなかったでしょうか?

縦型洗濯機のデメリット部分ばかりの記事でしたが、つぎは、縦型洗濯機のメリット部分をし食べてみたので、参考になさってみてくださいね。

縦型洗濯機のメリット部分

縦型洗濯機のメリットは、下記に示す通りです。

タイトル

テキスト・価格が安い。
・設置面積が小さい。
・乾燥機能がない場合が多いため電気代が安い。
・故障が少ない。


順を追って解説していきます。

価格が安い

縦型洗濯機の価格が安い理由は、次のとおりです。

構造が簡単で部品点数が少ない。
ドラム式洗濯機に比べて使用電力量が少ない。
ドラム式洗濯機に比べて設置スペースが小さく済む。
ドラム式洗濯機に比べて生産量が多いため、販売価格が安価になる。

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて構造が簡単で部品数が少なく製造コストが安く抑えられる理由から、ドラム式洗濯機に比べて安く購入できるのです。

また、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて使用電力量が少ないため、ランニングコストも安く抑えられます。

さらに、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて設置スペースが小さく済むため、住宅事情に合わせやすく選ぶ範囲も多くなります。

しかも、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて生産量も多い理由もあり、販売価格が抑えられる傾向にあります。

設置面積が小さくて済む

縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて縦型という構造上から、幅も奥行きも浅くつくれます。なので、限られたスペースで設置面積が狭くても設置することができるのがメリットです。

例えば、縦型洗濯機の幅は500mm~600mm、奥行きは500mm~700mm、高さは800mm~1000mmであるのに対し、ドラム式洗濯機の幅は600mm~700mm、奥行きは600mm~800mm、高さは800mm~1000mmです。

この寸法はあくまでも平均的な寸法を比較しましたが、100㎜ほどコンパクトな場所でも置けるということになるので、より設置場所ン選択幅が広がるということになりそうです。

乾燥機能がない場合が多いため、電気代が安い

縦型洗濯機のほとんどの機種には乾燥機能が付いていません。なので、ドラム型洗濯機と比べても安く購入するとこができますよね。

乾燥機能は複雑な構造で電熱システムを採用しなければならないため、必然的に電気代も高くなる傾向にありますが、乾燥システムがない分大幅な電気代が大幅に削減できるでしょう。

故障が少ない

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて故障が少ないと言われています。その理由は、縦型洗濯機は構造がシンプルで、部品点数も少ないためです。

しかも、縦型の技術が長い期間蓄積されたノウハウがあり、故障の原因が少ない一番の要因となっています。

ただ、縦型洗濯機もドラム式洗濯機も長く使用すれば故障する可能性はあります。

そのため、洗濯機の故障を防ぐためには、定期的な点検やメンテナンスを心がけることが大切だと思います。

のメリット

縦型洗濯機のメリットを解説するにあたり、メリット部分が上記に掲載した内容と重複する点がいくつか出てくると思いますが、あしからずご承知おきください。

縦型洗濯機のメリットを下記に書き出してみました。

価格が安い
設置場所がコンパクト
洗濯時間や電気代が節約できる
洗濯物の取り出しがしやすい
操作が簡単


順を追って説明します。

価格が安い

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて価格が安い理由はいくつかあります。

タイトル

テキスト
構造がシンプルで部品点数が少ない。
製造コストが低い。
消費電力が少ない。
設置スペースが小さい。


縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて、構造がシンプルで部品点数が少ないため、製造コストが低くなります。

また、縦型洗濯機はドラム式洗濯機に比べて消費電力も少なる傾向にあり、ランニングコストも抑えられ安価な価格にも反映されるためでしょう。

さらに縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて設置スペースが少なく確保できるため、賃貸住宅にも設置しやすいなどの理由から、ドラム式洗濯機に比べて価格が安く、コスパに優れた洗濯機といえそうです。

設置場所がコンパクト

縦型洗濯機の設置場所がコンパクトな理由は、ドラム式洗濯機に比べて、洗濯槽が縦に設置されている理由から、縦型の構造上のシンプルさから設置スペースが少なくて済み賃貸などの省スペースでも設置がしやすいメリットが生まれます。

洗濯時間や電気代が節約できる

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて洗濯時間や電気代が節約できます。その理由は、縦型洗濯機がドラム式洗濯機に比べて、つぎのような特徴を持っているからです。

・縦型洗濯槽のため水の回転がスムーズになり洗濯物が早くきれいに仕上がる。
・洗濯槽の容量が小さく水や電気の使用量が少なくて済む。
・洗濯槽のシステムがシンプルで洗濯時間も短縮できる。

このような理由から、洗濯時間や電気代が節約できる確率がグーンと高くなるでしょう。

操作が簡単

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べ、比較的に操作が簡単です。理由は、縦型洗濯機がドラム式洗濯機に比べて乾燥システムなど洗濯コースの種類が少ないため、操作が簡単で、しかも洗濯槽の蓋が大きく開くため、洗濯物の出し入れが簡単で誰でも簡単に使えます。

縦型洗濯機の特徴と機能

縦型洗濯機の大きな特徴は、攪拌にあります。

これは、ドラム型洗濯機と比べるとより分かりやすい部分でもありますが、縦型洗濯機の攪拌は洗濯槽の底の部分にあるセパレーターが周り水を回転させ洗濯物を攪拌する方式をとったのが縦型洗濯機。

つまり、水流の回転を利用して洗濯物の汚れを落とす方法のため、より汚れが落ちやすいのが縦型洗濯機の特徴です。

ただ、この方法を用いた洗濯法では、衣類が絡まる確率が高くなり、それに伴って生地の弱りが生じる形となり洗濯物が痛む頻度が多くなってくるというデメリット部分もあります。

さらに、水の量を多く使用するため、水道料金が高くなる傾向にあり、また乾燥機能がある機種では電気代も高くなる傾向にあります。

反対に、ドラム型洗濯機の場合は、横向きになった洗濯槽自体が回転し洗濯物を攪拌するという方法。

回転する洗濯槽つまりドラムだけが回転し、そのドラムの側に付いた突起部分に洗濯物を引っ掛ける状態で上方向へと持ち上げて落とすという動作を繰り返し汚れを落とす方法がドラム型洗濯機の特徴。

水自体はそのままの状態を維持するので水流が起きず、しかも使用水も少なく水道代にやさしいのが特徴。ただ、ドラム型洗濯機には乾燥システムが備わっているため、電気代の高騰は覚悟しておかなければならない問題です。

ただ、各メーカーも乾燥システムにかかる電気量を抑えるための技術を高めているため、必要最小限の電気代で抑えられているようです。

これらの問題を双方見比べてみると、より衣類の汚れを落とす効果が高く水道量が多くかかるものの乾燥機能がほとんど付いていない機種を選ぶと電気代を抑えることができるのが縦型洗濯機の特徴。

そして、衣類の汚れは二の次で、乾燥システムなどを用いてふっくら仕上げに衣類をやさしく仕上げる方法がドラム型洗濯機。

以上を踏まえて、あなたの生活のニーズにあった洗濯機を選ぶのがポイントとなりそうです。

縦型洗濯機の口コミ評判

・音が静かで深夜で使える機種もある。
・攪拌力が高くて洗濯物が絡まりやすい。
・縦型洗濯機の乾燥付き機でも乾燥効果は高そう。
・高級な機種でもドラム型の半額で購入できる。
・耐久性が高くて長持ちする。
・絡まない技術や乾燥技術が進んで使いやすい。


縦型洗濯機の口コミには、音が静かという内容の口コミが多くありましたが、一部の機種ではメニューの中においてうるさい箇所があるという口コミも見かけました。

深夜や早朝時に洗濯機を使いたいという方は、機種の口コミを良く確かめたうえで購入することをおすすめします。

あと、縦型洗濯機でもドラム洗濯機のように乾燥がシッカリ行える機種も多くあり、乾燥目的や汚れを落としたい、さらには衣類同士が絡まない秘術も進み痛み方も少なくなっているように思われます。

さらに、耐久性も長く値段も安いことから、縦型洗濯機はおすすめになりそうです。

縦型洗濯機の選び方

縦型洗濯機の選び方は、各家庭などのニーズに合わせた購入方法になると思われます。

タイトル

テキスト・置き場所とサイズの確認。
・洗濯物の量にあった容量機種を選択。
・静音性を確かめる。
・メニューの確認。
・乾燥機能の有無と方式。
・機能面を把握し使い勝手を確認する。
・口コミを確認する。


順を追って、紹介します。

置き場所とサイズの確認

縦型洗濯機に限らず、洗濯機などを購入する際の前準備として重要な部分は、「場所とサイズ」です。

自分に合った良い洗濯機を決めても、置き場所やサイズが合わなかったら決めた意味がなくなるので、最初に置き場所とサイズを決めます。決めた後に置く場所にあった洗濯機を、メーカーと機種別を確かめながら決めていきます。

洗濯物の量にあった容量機種を選択

各家庭ごとに、洗濯物のの数や頻度が違いますので、毎日の洗濯物の量がどれくらいなのかを把握し、購入の際の決め手とします。

たとえば1人の場合の洗濯物は1.5kといわれているので「1人:3k、2人:3kから4k、3人:5k、4人:6k、5人:8k、9k」という風に選択できます。

ですが、毎日洗った場合の容量になるので、1日置きや3日置きなど洗う頻度も各家庭によって違いがあるので一回り大きいタイプの洗濯機を選んだ方が、後々の後悔につながらないと思いますね。

静音性を確かめる

しずかな洗濯機を好む方であれば、静音性の高い洗濯機を選ぶのが基本ですが、とくに深夜や早朝でしか洗濯できないという人もいます。

あと、二階建ての木造住宅では洗濯機の振動や騒音といった問題も懸念される問題なので、そういったお住いの方は、なにを置いても静音性の高い洗濯機一択といえるほど重要な部分になりそうです。

メニューの確認

縦型洗濯機を買う際にメニューの確認をする理由は、下記データを参考にしてくださいね。

・洗濯機の機能や操作方法を確認するため。
・自分のニーズに合った洗濯機を選ぶため。
・故障のリスクを回避するため。 

縦型洗濯機には、様々な機能や操作方法があります。そのため、自分のニーズに合った洗濯機を選ぶためには、メニューをよく確認することが大切ですよね。

また、洗濯機は故障しやすい家電製品です。そのため、故障のリスクを回避するためにも、メニューをよく確認して、正しく使用することが大切です。

具体的には、以下の点を確認すると良いと思いますよ。

・洗濯機の容量。
・洗濯機の機能。
・洗濯機の操作方法。
・洗濯機の保証期間。
・洗濯機の価格。


これらの項目によく目を通して、自分のニーズに合った洗濯機を選ぶようにしたいものですよね。

また、洗濯機のメニューをよく確認することで、故障のリスクを回避することができます。

縦型洗濯機は、洗濯機槽が縦に設置されているため、横型洗濯機よりも故障しやすい傾向があります。そのため、洗濯機を正しく使用するためにも、メニューをよく確認して、正しく使用することが大切です。

このように、縦型洗濯機を買う際には、メニューの確認を忘れずに行いましょう。

乾燥機能の有無と方式

縦型洗濯機を買う場合に乾燥機能の有無と方式を知る必要がある理由はいくつかあります。

まず、乾燥機能の有無によって価格が大きく異なります。

乾燥機能付きの洗濯機は、乾燥機能なしの洗濯機よりも高価ですので、乾燥機能が必要かどうかを事前に検討しておくことが重要ですね。

次に、乾燥機能の方式によっても乾燥の性能が異なります。

乾燥方式には、ヒートポンプ乾燥方式とガス乾燥方式の2種類があります。ヒートポンプ乾燥方式は、ガス乾燥方式に比べて省エネで静音性が高いですが、価格も高くなります。

ガス乾燥方式は、ヒートポンプ乾燥方式に比べて価格が安いですが、省エネ性能や静音性はやや劣ります。

最後に、乾燥機能の有無によって洗濯機の設置スペースが変わります。

乾燥機能付きの洗濯機は、乾燥機能なしの洗濯機よりも幅が広くなり、洗濯機を設置するスペースが限られている場合は、乾燥機能なしの洗濯機を選ぶ方がよい場合があります。

縦型洗濯機を買う場合は、乾燥機能の有無と方式をよく検討して、自分に合った洗濯機を選ぶようにしましょう。

機能面を把握し使い勝手を確認する

縦型洗濯機を買う場合に機能面を把握し使い勝手を確認する意味は、自分に合った洗濯機を選ぶためです。

洗濯機には、さまざまな機能や使い方がありますが、自分のライフスタイルや好みに合わせて、自分に合った洗濯機を選ぶことが大切です。

例えば、家族の人数が多い場合は、大容量の洗濯機がおすすめです。

また、洗濯頻度が多い場合は、省エネ性能の高い洗濯機や、洗濯物を乾燥させたい場合は、乾燥機能付きの洗濯機がおすすめです。

縦型洗濯機を買う場合は、機能面を把握し使い勝手を確認して、自分に合った洗濯機を選ぶのが大切になりそうですね。

縦型洗濯機の機能面を把握し使い勝手を確認する際にチェックすべき項目を、下記にいくつかご紹介しておきます。

・容量
・乾燥機能
・省エネ性能
・静音性
・操作性
・デザイン


これらの項目をチェックすることで、自分に合った洗濯機を選ぶことができますよ。

口コミを確認する

縦型洗濯機を買う場合に口コミを確認する意味は、実際にその洗濯機を使用した人の意見を参考にすることで、自分の洗濯機の選び方に役立てることができるためです。

口コミでは、洗濯機の機能や性能、使い勝手、洗浄力などについて、さまざまな情報が得られます。

また、口コミを参考にすることで、自分が重視するポイントを洗濯機の選び方に反映させることができます。

例えば、洗濯物を早く乾かしたい場合は、乾燥機能の口コミを参考にすることができ、洗濯物をきれいに洗いたい場合は、洗浄力の口コミを参考にすることができます。

さらに、口コミは縦型洗濯機の選び方に役立つ貴重な情報元で、縦型洗濯機を買う前には必ず口コミを確認することをおすすめします。

以下に、縦型洗濯機の口コミを確認する際に役立つポイントをいくつかご紹介します。

・口コミの数が多いほど、より信頼できる情報となる。
・口コミの投稿日時を確認することで、最新の情報を得ることができる。
・口コミを投稿した人の評価やコメントを参考にすることで、より具体的な情報を得ることができる。
・口コミの内容を総合的に判断することで、自分の洗濯機の選び方に役立てることができる。

縦型洗濯機の電気代

縦型洗濯機の電気代は、洗濯量や運転モード、電気料金プランなどによって異なりますが、一般的な縦型洗濯機の電気代は、1回あたり約200円~300円です。

電気料金プランが従量電灯の場合、電気代は約200円です。電気料金プランが時間帯別電灯の場合、洗濯を安い時間帯に行うことで、電気代を節約することができます。

縦型洗濯機の電気代を節約する方法は、以下の通りです。

・洗濯量に合わせて洗濯機を使用する。
・節電モードを使用する。
・安い時間帯に洗濯を行う。
・必要に応じ乾燥機能を使用する。

縦型洗濯機の電気代は、ドラム式洗濯機の電気代に比べて安い傾向にあります。そのため、縦型洗濯機は電気代の節約に効果的ですね。

縦型洗濯機のQ&A

Q:縦型洗濯機のメリットとデメリットは?
A:メリット「洗濯槽の容量が大きく、大量の洗濯物でも一度に洗える。、乾燥機能が搭載されているものが多く、洗濯と乾燥を同時にできる。、横型洗濯機に比べて、振動が少なく、静音性が高い。、価格が安い。」
デメリット「横型洗濯機に比べて、洗濯槽の奥に洗濯物が取り込めにくい。、乾燥機能がついているものは高価なことが多い。」です。

Q:縦型洗濯機と横型洗濯機の違いは?
A:縦型洗濯機は、横型洗濯機よりも洗浄力が強いですが、節水効果は低くなります。しかし、サイズ的に見るとコンパクトで設置場所に困りません。さらに、価格的に見ても比較的安価な場合が多いです。

Q:縦型洗濯機の使い方やお手入れ方法は?
A:使い方は、マニュアルの操作方法に従がって使用し、お手入れ方法も説明書に記載されている通りの手入手順を行います。

Q:縦型洗濯機の寿命は?
A:縦型洗濯機の寿命は、一般的に6~7年程度と言われています。しかし、使い方やお手入れ方法によって、寿命は大きく変わってきます。正しく使い、お手入れすることで、10年以上も使えることもあります。

Q:縦型洗濯機の選び方のポイントは?
A:選び方のポイントは「容量、機能、設置場所、価格」これらに類意思ながら、購入を検討してみることをおすすめします。

Q:縦型洗濯機のおすすめメーカーは?
A:縦型洗濯機のおすすめメーカーは、パナソニック、日立、シャープ、東芝の4社です。これらのメーカーは、いずれも縦型洗濯機の製造技術に優れており、高品質な製品を販売しています。また、各メーカーには独自の機能や特徴がありますので、自分のニーズに合ったメーカーを選ぶことができます。

まとめ

縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて設置しやすい、価格が安い、乾燥機能がないなどのメリットがある洗濯機です。

縦型洗濯機を選ぶ際には、洗浄力、節水性、乾燥機能、運転音、デザイン、価格など、さまざまな要素を考慮して、自分に最適な縦型洗濯機を見つけてください。

縦型洗濯機のおすすめメーカーは、パナソニック、日立、シャープ、東芝の4社がおすすめです。

これらのメーカーは、いずれも縦型洗濯機の製造技術に優れており、高品質な製品を販売しています。また、各メーカーには独自の機能や特徴がありますので、自分のニーズに合ったメーカーを選ぶことができます。

縦型洗濯機の選び方のポイントは、下記を参考にしてくださいね。

洗浄力
縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて洗浄力が劣ると言われています。しかし、最近の縦型洗濯機は、洗浄力の高い商品も多く販売されています。

節水性
縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて節水性に優れています。そのため、水道代を節約したい方におすすめです。

乾燥機能
縦型洗濯機には、乾燥機能が搭載されているものもあれば、搭載されていないものもあります。乾燥機能が必要な方は、乾燥機能付きの縦型洗濯機を選ぶようにしてください。

運転音
縦型洗濯機は、ドラム式洗濯機に比べて運転音が大きいと言われています。そのため、集合住宅にお住まいの方は、運転音が静かな縦型洗濯機を選ぶようにしてください。

デザイン
縦型洗濯機には、さまざまなデザインの商品が販売されています。おしゃれなデザインの縦型洗濯機を探している方は、デザイン性の高い商品を選ぶようにしてください。

価格
縦型洗濯機の価格は、メーカーや機能によって異なります。予算に合わせて、自分に合った縦型洗濯機を選ぶようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました