AirPodsのデメリットってなに?androidとの違いも徹底解説!

AirPodsのデメリットってなに?androidとの違いデメリット

AirPodsは、Appleが製造したワイヤレスイヤフォンで、その洗練されたデザインと優れた機能性で一世を風靡しています。

しかし、使い勝手においてもいくつかのデメリットが存在します。

この記事では、AirPodsのデメリットに焦点を当て、またAndroidデバイスとの違いについても徹底解説いたします。

AirPodsのメリットとは?

AirPodsのメリットには、以下の3つのメリットがあります。

3つのメリット

・ワイヤレスの利便性。
・Siriとの統合。
・デザインと耳へのフィット感。

ワイヤレスの利便性
AirPodsは、ケーブルがない完全ワイヤレスイヤフォンであり、使用中にイヤフォンのケーブルがからまる心配がありません。

これによって、自由に動き回りながら音楽や通話を楽しむことができます。

Siriとの統合
AirPodsは、Appleの音声アシスタントであるSiriとシームレスに連携しています。

音声で曲を選んだり、通話をかけたりすることが簡単に行えます。

ハンズフリーでスマートフォンを操作できるため、便利さが向上します。

デザインと耳へのフィット感
AirPodsの洗練されたデザインは、多くの人に支持されています。

また、耳にフィットする形状は、適切なサイズを選ぶことで快適な装着感を実現します。

外れにくく、長時間の使用でも疲れにくいのが特長です。

これらの特徴により、AirPodsはワイヤレスの利便性、Siriとのスムーズな連携、そして快適なデザインとフィット感において高い評価を得ています。

AirPodsのデメリット

AirPodsのデメリットは、以下の3つになります。

3つのデメリット

・高価な価格帯。
・対応デバイスの限定性。
・防水性の不足。
・壊れやすい。
・耳に合わない。

高価な価格帯
AirPodsは他のワイヤレスイヤフォンと比較して高価な部類に入ります。

同じ機能を持つ製品が市場に多く存在するため、予算に制約のあるユーザーにとっては選択肢の幅が狭まる可能性があります。

対応デバイスの限定性
AirPodsはAppleのエコシステムに最適化されていますが、Androidデバイスとの連携においては一部の機能が制限されることがあります。

Androidユーザーは、すべての機能を最大限に活用することが難しいかもしれません。

防水性の不足
AirPodsは防水性が限定的であり、濡れた状態での使用には注意が必要です。

雨天時や激しい運動中には、故意に水に浸けないようにする必要があります。

競合製品に比べて防水性が劣るため、特にアウトドアでの利用には検討が必要です。

壊れやすい
AirPodsが「壊れやすい」とされる理由はいくつか考えられます。

デリケートなデザイン
AirPodsは非常に小型・軽量であり、デリケートな構造を持っています。

落下や衝撃に対して弱いため、取り扱いには慎重が必要です。

特に充電ケースや本体に加えられる力が大きいため、これによって破損が発生しやすいです。

バッテリーの劣化
AirPodsはリチウムイオンバッテリーを使用しており、これらのバッテリーは時間とともに劣化します。

バッテリーの寿命が短くなると、充電の持ちが悪くなり、最終的には交換が必要となります。

電子機器の故障
どんな電子機器も故障のリスクがあります。

AirPodsも例外ではなく、電子部品の故障や接触不良が発生する可能性があります。

湿気や汚れへの敏感さ
AirPodsは湿気や汚れに対して比較的敏感です。

これが原因で接触不良や機能の不具合が生じることがあります。

使う人はこれらのポイントに留意し、慎重に取り扱うことでAirPodsの寿命を延ばすことができます。また、製品の保護ケースや定期的なメンテナンスも役立ちます。

耳に合わない
AirPodsが「耳に合わない」と感じられる理由は以下の3つ。

ワンサイズフィットオール
AirPodsは一般的な耳の形状に合わせてデザインされていますが、個々の耳の形状には個人差があります。

そのため、一部の人にとっては十分なフィット感が得られないことがあります。

運動時の不安定性
特に激しい運動やランニングなどのアクティブな動きを伴う場合、AirPodsが耳から外れやすいと感じることがあります。

これは、耳の形状や動きによるものです。

耳の大きさに対する対応不足
AirPodsの本体は小型で軽量ですが、一部の人にとっては耳に十分な安定感を提供できないことがあります。

特に大きな耳の場合や、小さい耳たぶの場合に、フィット感に課題が生じることがあります。

解決策として、Appleは異なる耳の形状にも対応するために、AirPods Proといった製品を導入しています。

AirPods Proは耳に合わせて装着感を調整できるイヤーチップを採用しており、これにより個々のオーナーにより適したフィット感を提供しています。

ユーザーが耳に合わせることで、快適な装着感と音質を得ることが期待できます。

これらのデメリットを踏まえつつ、AirPodsを選ぶ際に自身のニーズと予算を考慮する必要があります。

高価な価格や限定的な対応デバイス、防水性の不足は、一部の人にとって重要な懸念点となるでしょう。

Androidデバイスとの違い

Androidデバイスとの違いは、以下の3つ。

デバイスとの違い3つ

・AirPodsのAndroidへの接続方法。
・機能制限との向き合い方。
・代替機能を検討する際のポイント。

AirPodsのAndroidへの接続方法
AirPodsはもともとAppleデバイス向けに設計されていますが、Androidデバイスとの接続も可能です。

Bluetoothを使用してペアリングすることで、音楽や通話をAndroidデバイスからも利用できます。

スマートフォンのBluetooth設定画面からAirPodsを選択し、簡単な手順で接続できます。

機能制限との向き合い方
ただし、AirPodsをAndroidデバイスで使用する際には一部の機能が制限されることがあります。

例えば、Siriへの音声アクセスや充電ケースのバッテリー残量の表示がAndroidでは利用できません。

ユーザーはこれらの制限を理解し、使用上の制約に対処することが求められます。

代替機能を検討する際のポイント
AndroidデバイスユーザーがAirPodsの代わりに検討できる選択肢も存在します。

市場にはAndroidに最適化されたワイヤレスイヤフォンが多くあり、これらの製品はAndroidデバイスとのシームレスな連携や機能を提供しています。

自身のニーズに合った製品を選択する際に、Androidとの互換性を重視することが重要です。

これらのポイントを考慮することで、AndroidデバイスユーザーはAirPodsを利用する際に発生する制限事項を理解し、最適なワイヤレスイヤフォンを選択できるでしょう。

AirPodsの口コミ

AirPodsの口コミには、良い口コミと悪い口コミがあります。

ここでは、人気の高い「Apple AirPods(第3世代) 」の口コミを参考にしてみました。

最初は、良い口コミからご紹介します。

AirPodsの良い口コミ

音質が良い★★★★★ 年齢性別非公開

今まで有線を使っていましたが、ワイヤレスイヤホンを買うなら良いやつが欲しいと思い購入。
充電速度や持ちも問題なく、何より音質がとても良く毎日愛用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

第2から乗り換え★★★★★ 年齢性別非公開

比較すると、音域が広がってる感じ。
少し立体音響風で良いですね。
買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

生活に溶け込む使い勝手、手放せない★★★★★ 年齢性別非公開

周囲の音が自然聴こえて、高音質なイヤフォン。ランニングや、犬の散歩、家族と過ごしながら音楽を聴きたい時など、普段使いに最高。

iPhone、AppleWatch、iPad mini、Macで使っているが、bluetoothの設定を開くことなく、勝手に切り替わるのもApple製品ならでは。一度使うと戻れない。

音質はEarPodsと一線を画する。低音も良く出る。空間オーディオも新鮮で楽しい。

カナル型とノイキャンが市場を席巻しているため、遮音性を求めず、外音を自然に取り込みながら高音質なワイヤレスイヤフォンはほぼこれ一択。満足のいく製品だと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp/

AirPodsの悪い口コミ

耳が痛い★★★☆☆ 年齢性別非公開

私の耳には合わず耳が痛いです。
耳の穴が小さい方にはうどん型Podsがいいと思います。

テキスト

出典:https://www.amazon.co.jp/

AirPods2より大きい★★★☆☆ 年齢性別非公開
AirPods2世代より少し大きくなって私の耳には合わなくなった。
1時間も着けていると痛くなります。
音は素晴らしく良くなりましたが、残念ながらAirPods2世代を買い直します。出典:https://www.amazon.co.jp/
人によりけり。★★★☆☆ 年齢性別非公開

初めてワイヤレスイヤホンを購入しました。音質が良いということは感じましたが、装着して10分ほどで耳が痛くなります…。耳の相性がありますね…。
追記)他の方のレビューでも書いてある通り、低音強調が凄まじいですね。曲によっては全く歌声が聴こえず、曲しか聴こえない時があります。

出典:https://www.amazon.co.jp/

まとめ

AirPodsは優れたワイヤレスイヤフォンとして知られていますが、利点だけでなくいくつかのデメリットやAndroidデバイスとの違いも考慮する必要があります。

以下はまとめです。

メリット
・ワイヤレスの利便性(ケーブルがないことで、自由な動きが可能。)
・Siriとの統合(Appleエコシステム内でのシームレスな操作が可能。)
・デザインと耳へのフィット感(洗練されたデザインと快適な装着感。)

デメリット
・高価な価格帯(他の製品に比べて高価で、予算に制約があるユーザーには検討が必要。)
・対応デバイスの限定性(Androidデバイスとの連携において一部機能が制限される。)
・防水性の不足(雨や水濡れには注意が必要で、アウトドアでの使用には制約がある。)

Androidデバイスとの違い
・AirPodsのAndroidへの接続方法(Bluetoothを使用して簡単に接続可能。)
・機能制限との向き合い方(Androidデバイスでは一部の機能が制約されるが、基本的な利用は可能。)
・代替機能を検討する際のポイント(Androidユーザーは、Android対応のワイヤレスイヤフォンも検討し、自身のニーズに合った製品を選択することが重要。)

最終的に、AirPodsの選択はユーザーの個々の好みや使用状況によります。

デメリットやAndroidデバイスとの制約を理解した上で、最適なワイヤレスイヤフォンを選択することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました